🌸大切な髪を子供たちの笑顔のために高松ヘアドネーションカット

前回アップさせていただいた、ヘアドネーションについて今回は詳しくお伝えして行きます。

 

JHD&C について

「JHD&C(ジャーダック)ホームページより引用 /抜粋https://www.jhdac.org/ 」

私たち Japan Hair Donation & Charity(JHD&C・通称ジャーダック)は、多くの方から寄せられる31cm(12インチ)以上の髪の毛だけを使って製作した医療用ウィッグ『Onewig(JIS規格取得)』を、頭髪に悩みを持つ18歳以下の子どもたちに無償提供している特定非営利活動法人です。
2009年9月、日本で初めて「ヘアドネーション」を専門に行う団体として誕生しました。

JHD&Cにウィッグを申し込む子どもたちは、脱毛症や無毛症、乏毛症などの疾病や外傷、または小児ガンなどの治療に伴う薬の副作用によって頭髪に悩みを抱えています。

「病気になる」「髪を失う」ことは、誰のせいでもありません。しかしそのことが遠因となって、学校生活や日々の暮らしをスムーズに送れないことがあります。ウィッグで全てが解決するわけではありませんが、ウィッグを身につけることで生まれる前向きな気持ちが治療やQOL(Quality of Life・生活の質)に良い影響を与え、少しでも子どもたちと家族のサポートになれたら。
髪に悩みを持つというだけで、子どもたちの持つ無限の可能性が閉ざされてしまわないように……そんな思いで活動を続けています。

これまでにJHD&Cからウィッグを受け取った子どもたちは、こう語ります。

「ウィッグのお陰で気軽に外出できるようになった」
「ウィッグをつけたことで、周囲の目が気にならなくなった」
「学校でも明るく振る舞えるようになった」

保護者の方からも、このようなお話を伺います。

「娘は毎日元気に楽しく学校へ通っています。ウィッグをつけて、鏡の前でセットする時間も長くなり、ヘアスタイルに合わせた洋服選びも楽しいようです。髪の毛の力ってすごいですね」「ウィッグを手にしてから、娘は好きな色の衣服を身につけ、可愛いバッグや小物を欲しがるようになりました。ウィッグがきっかけで、今まで表に出せなかった部分を表現できたり、新しい自分を見つけることができたのなら、母親としてもすごく嬉しいです。」

いろんな髪型が個性として認められるように「髪がない」こともひとつの個性として受け入れられる、そんな多様性を認め合える成熟した社会を目指して、微力ながらも活動を続けていこうと考えています。

その先にはきっと、私たちが理想とする「必ずしもウィッグを必要としない社会」があると信じて。

 

この活動にサロン和も協力いたします。

当店でヘアドネーションを行うにあたり施術の流れをご紹介いたします。

①【御予約/ご相談】

ご予約の際は、ドネーションカットをお願いしたいんだけどっと一言いただけたら幸いです。

例)傷んでても大丈夫?白髪があるけど…等

JHD&CのHPのQ&Aページもありますが、お気軽に相談受けたまります✨

②【来店】

カット前のシャンプーは控えていただき、髪が完全に乾いた状態での来店をお願いしております。

③【ドネーションカット】

通常のカットよりも、工程が多いためお時間に余裕を持っていらして頂くことをお願いしております。通常のカットよりプラス30分程度見ていただけたらと思います。

④【送付】

現在、サロンの代理送付の受付を行なっていないため

お客様自身にお願いするようになります。

 

また、送付方法など詳細はJHD&CNO のHPにて記載がございますが、当店のスタッフにお気軽にお尋ねください。

 

皆様の温かいご協力お待ちしております。

高松美容室ヘアドネーションカットは和まで♫